house

業者に建築依頼

注文住宅で建設をするときにはまず土地探しをしなければなりません。土地や税金などの支払いも多くなるため、住宅建設をするときにはそれらのことを把握しておく必要があります。

もっと詳しく

デザイン重視の住宅

デザイン住宅の中には太陽光発電パネルやエコキュートなどの設備を導入しているところもあります。デザイン住宅を建築するときは自由設計ができますが、事前に完成イメージを考えておくことも大切です。

もっと詳しく

住宅の所有

結婚をすると一戸建て住宅購入の検討をする人が多いですが、一戸建てを所有することによって防音被害の軽減や将来子供のための資産残しなどのメリットが挙げられています。

もっと詳しく

証明する内容

人気の自由設計ならあなたの生活スタイルにあった間取りにカスタマイズ出来ますよ。デザインにこだわりある方にはおすすめです。

一戸建ての購入金額を証明

一戸建てを売却するのであれば、注意すべきは税金です。できるだけその負担を少なくするようにしなければなりません。個人が一戸建てを売却するとなると、所得税が課されます。この際、注意しておきたいのが、購入金額に関する問題です。所得税は、儲けに対して課税される税金です。そのため、課税対象となるのは、売却金額から購入金額を控除した残額となります。売却金額は、契約により受け取った金額です。では、購入金額はというと、その一戸建てを購入した時の金額を用いて計算されます。問題は、その購入金額を証明できるのかということです。何となくこれくらいではないかという金額を書くわけにはいきません。適切な金額を書く必要があります。そのためには、その金額であることを証明する書類が必要になります。例えば、契約書、領収書等がそれに当たります。ないと面倒なことになってしまうので、きちんとこれらの書類を保管しておきましょう。

概算取得費を利用

では、購入金額を証明する契約書等がない場合について見ていきましょう。この場合でも、売却金額のみで所得税を計算することはありません。概算取得費というものを用いることができます。概算取得費とは、売却金額の5%に当たる金額を購入金額としてくれるというものです。この費用のポイントは、いつでも利用できることにあります。契約書等がなく、購入金額を証明できないという場合でなくても使えるのです。例えば、その一戸建てを購入したのが、かなり昔であるという場合を考えてみましょう。その当時の低い物価で購入金額は設定されています。また、購入金額はそのまま使えるわけではなく、時の経過に比例して減らされます。このような場合、概算取得費の方が有利であるということがあります。一見すると、5%しかないためとても小さく感じられます。ですが、実はそれでも有利なことがあるということを覚えておいて下さい。

住宅を建てる

住宅建築の中でも注文住宅は自分の希望で住宅を建てることができます。収納を増やしたいときには事前に収納スペースや設置場所などを決めておくと生活で便利なものになります。

もっと詳しく

住宅の設計を行なう

一戸建て住宅を購入するときは建売住宅ではなく、自由設計が可能な注文住宅にすることで自分の理想住宅を完成させることができます。機能面や間取りなども自由にできるため人気が高まっています。

もっと詳しく