住宅の所有

一戸建ての所有問題

結婚して家族ができると、一戸建て住宅を所有したいと考える人はたくさんいます。これは、今から50年ほど前から続く日本人の価値観の一つです。では、一戸建て住宅を所有することと賃貸物件を借りることはどちらが優れていると言えるでしょうか。これは、その家族やそこに住む人の価値観や仕事の様態によって変わってきます。例えば、転勤が多いひとであれば、転勤が頻繁にある若いうちは、一戸建て住宅を所有するよりも、賃貸物件を借りた方が機動性の面で優れているといえます。もし、一戸建て住宅を所有してしまうと、引っ越しがしにくく単身赴任になってしまうこともあります。もし、単身赴任をしてでも一戸建てを所有したい場合であればこの限りではありません。

住宅所有のメリット

一戸建て住宅を所有することのメリットとはどのようなことでしょうか。まずは、一戸建て住宅を所有することで資産が残ると言うことです。これは、分譲マンションの土地を所有しないため、建物の資産しか残りません。しかも、建物の場合は20年を経過すると価値があまりなくなってしまうのです。また、賃貸マンションや賃貸アパートに比べても、土地の所有と建物所有は大きな意味があります。これに対して土地の価格が下がる以上、資産の所有にはそれほど価値がないと言う意見もあります。ですが、建物や土地を売らないまでも、自分の子供に残しておくりという点ではメリットになります。一戸建て住宅の場合は、集合住宅のように物音をあまり気にしなくて良い点もメリットになると言えるでしょう。